マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宿題などの提出物を厳しく見ないというミス退治

提出物は、出させる前に条件を付けると見やすい。 特に宿題。 ただ、出させるだけでは、汚い字でも出してくる。 ていねいな字。 ていねいな色遣い。 ていねいな絵。 汚い、適当にやってきたものは、毅然とやり直しを命じる。 厳しすぎるくらいに。 やれていない場合、やり直し。 これを徹底すること。 4月のクラス経営のはじめにびしっとしつけねばならないと感じる。 なぜなら、途中では、それまでの流れになってしまうから。 教師もそうである。 では、嫌々ではなく、進んで宿題をやってくるにはどうしたらいいか。 宿題が楽しいものであればいい。 自作で先輩に習って作成し始めた宿題君は、非常に好評である。 ほぼ毎日全員が出る。 そうすると、やり直しを命じることが少なくなる。 ハードルがそれだけで下がる。 そのためにも少しの工夫を続けたい。 まだ時間がかかる。 慣れていくことで少しずつ時間が短縮されるだろう。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。