マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第7回 クローズアップ教師道

是非ご参加ください!!

第7回 クローズアップ教師道
主催:愛知教育大学土屋武志研究室
何でも話そう会テーマ
私たちが教師になったわけ~ 学級づくりの極意に迫る ~
はじめに
私たち教師の仕事は、未来の子どもたちを育て・鍛えることです。そのためには、教師自身が己を磨き続けること、子どもたちが輝き続けるための布石を打ち続けることが必要不可欠です。
子どもたちの可能性は無限大。子どもたちの未来を、一緒に模索しませんか。

講  師
赤坂 真二 先生
1965年新潟県生まれ。現在、上越教育大学教職大学院准教授。学校心理士。
著書に「先生のためのアドラー心理学―勇気づけの学級づくり」「教室に安心感をつくる―勇気づけの学級づくり2」(ほんの森出版)「「気になる子」のいるクラスがまとまる方法!」(学陽書房)「スペシャリスト直伝!学級づくり成功の極意」(明治図書)「"荒れ"への予防と治療のコツ学級づくりの基礎・基本」(日本標準)などがある。

土作 彰 先生
 1965年大阪府生まれ。現在、奈良県広陵町立広陵西小学校勤務。日本教育ミニネタ研究会代表。
著書に「ミニネタ&ワークショップで楽しい道徳の授業を創ろうよ」「基礎学力のつくワークショップ型授業」(学陽書房)「若手教師のための力量アップ術―仲間をつくり、学び合う」「子どもを伸ばす学級づくり―哲学ある指導法が子どもを育てる」(日本標準)、共著に「教室のふんい気を変えるミニネタ活用の授業づくり―授業成立の基礎技術3」(学事出版)などがある。

中村 健一 先生
 1970年山口県生まれ。現在、山口県岩国市立平田小学校勤務。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。
著書に「子どもも先生も思いっきり笑える73のネタ大放出!」(黎明書房)がある、編著書に「思いっきり笑える爆笑クラスの作り方12ヶ月」(黎明書房)、共著に「42の出題パターンで楽しむ痛快社会科クイズ608」「42の出題パターンで楽しむ痛快理科クイズ660」(黎明書房)「子どもが納得する個別対応・フォローの技術」(学事出版)などがある。

日  時
平成23年2月19日(土) 10:00~
日  程
受付開始   9:40~
第1講座  10:00~10:45
  中村 健一 先生
      「私が安心感のある学級づくりにこだわるようになった訳」
第2講座  10:55~11:40
      赤坂 真二 先生
「なぜ、教壇を選んだのか」
第3講座  11:50~12:35
      土作 彰 先生
「未定」
昼  食  12:35~13:30
第4講座  13:30~14:15
中村 健一 先生
      「中村流・安心感のあるクラスは、こうつくる」
第5講座  14:25~15:10
赤坂 真二 先生
「元気と勇気の学級づくり、これから」
第6講座  15:20~16:05
土作 彰 先生
「未定」
全体講座  16:05~16:35
      赤坂 真二 先生/土作 彰 先生/中村 健一 先生
「私たちが教師になったわけ ~ 学級づくりの極意に迫る ~」
懇親会  17:30~(刈谷駅周辺の予定)

場  所
刈谷市総合文化センター(アイリス)401・2講座室
住所:愛知県刈谷市大手町2丁目25番地
電話:0566-21-7430
駐車場案内
○刈谷市総合文化センターの駐車場をご利用くださ
い。
○隣接の駐車場とお間違えのないよう、お気をつけくだ
さい。
参加費
事前申し込み 一般 3500円     学生1500円
当日申し込み 一般 4000円     学生2000円
定  員
100名(100名を超えた場合は、キャンセル待ちとさせていただきます。)
申込方法
①ホームページから申し込む http://www.geocities.jp/takahiro4681/(土屋研究室)
②メールで申し込む

1)氏名、2)一般・学生の別、3)〒・住所、4)電話・FAX番号、5)勤務先、

6)メールアドレス、7)緊急連絡先(セミナー中止の際に使用します)

以上を明記の上、下記あてにお申し込みください。
hanasoukai@live.jp「クローズアップ教師道 参加申し込み」と件名をつけて下さい。
受付担当:担当が対応させていただきます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。