マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教材・授業開発研究所ML・MMに参加されませんか?

教材・授業開発研究所ML・MMに参加されませんか?

○ 教材・授業開発研究所メーリングリスト(ML) 開設(2003年 11月)

有田和正氏を追いかけ、有田和正実践から学ぶために、2003年 11月に『教材・授業開発研究所メーリングリスト』を開設しました。(もちろん内容はそれだけでなく、多岐にわたります。)
現在の参加者は約390名で、情報の交換をしたり、活動の状況を知らせ合ったりしています。



【授業力の開発シリーズ(明治図書)】

以前、ML加入者から様々な実践を集め、それを全国に広げる活動を展開しました。その活動の成果は明治図書からシリーズ(授業力の開発シリーズ)として発刊されています。

No.1「導入で子どもを熱中させる発問の開発」(2005年)
No.2「ノート指導改革で授業が変わる」(2006年)
No.3「知って得するプロの指導技術」(2006年)
No.4「調べ学習のツールは、こう活用する!」(2007年)

No.5「こんな板書が子どもの思考を発展させる(国語・社会編)(2008年)


No.6「こんな板書が子どもの思考を発展させる(算数・理科・他編)(2008年)




MLに参加御希望の方は,下記の古川宛にメールアドレスを送信してくだされば、それだけで申込みは完了です。もちろん無料です。簡単な自己紹介はお忘れなく。  furu1962@meg.winknet.ne.jp

○ 教材・授業開発研究所ニュース(MM) 発刊(2006年 5月)

愛知県の島原氏編集長、岡山県の南氏副編集長のメールマガジン。
毎回、充実した紙面になっています。隔週で発刊されています。



MM購読の申し込みは、下記のアドレスから出来ます。
バックナンバーもぜひご覧下さい。

Mail Magazine教材・授業開発研究所ニュース
       http://www.mag2.com/m/0000196253.html

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。