マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

静かに 落ち着きなさいは もっとさわいでと一緒

静かに、落ち着きなさい。→この言葉は、もっとしゃべろよ。しゃべろよ。といっているようなもの。そういう言葉を言わなくても、教師が、ある瞬間に落ち着いてはじめることによって、沈黙を生み、いつもシーンで終わり、シーンで始まる。一息を必ずつこうとすること。とにかく座らして、立たせて沈黙。必ず一言を言う。ほめる機会が生まれると言っても言い。 あいさつの時は落ち着かせることが大切。給食の時のあいさつもしっかり今日下手を合わせる。絶対に教師のことを見てから「いただきます。」「ごちそうさま。」を言わせる。 一日のうちに、一瞬一瞬を積み重ねていく。 まずは三瞬を実行すべし。 ①朝のあいさつ前後の沈黙 ②給食のあいさつの前後 ③帰りのあいさつの前後 これは、素心につながる。あいさつの前に落ち着き、素直に自分を振り返る機会になる。教師が話したりする前のシーンは落ち着く。人の動作に合わせることを学ぶ。さらに、教師は次のような感謝の言葉、ほめる言葉を言う機会を得る。 1 ありがとう。気づいてくれたね。 2 やっぱり前だから気づいてくれたのかな。 3 あんなに遠くなのに気づいてくれた人がいる。 4 話を聞いてくれる子が○にん、○にん。 5 今日は○人が気づいてくれました。明日はもう少したくさんの子が気づいてくれるとうれしいねえ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。