マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サークルメンバーからの学び

お世話になっているサークルの先輩のブログhttp://edublog.jp/teru3128に書いてあったことが非常に気になっています。 自分は中学の経験がありません。 先日参加したMini1で初めてお会いした石川晋先生、石川拓先生、高橋正一先生の書かれた「中1ギャップ」という本が非常に勉強になっています。 冒頭に戻るのですが、先輩が次のように述べられています。 「小学6年生の担任が常に考えておかなければならないこと。それは、 卒業後、中学生での子供たちの姿 これが、どれだけ担任がイメージできているかで、幸せな中学校生活のスタートが切れるかがかかっています。  中学校経験のある先生は、これが見えています。卒業後に向けた指導をしています。だから、めちゃくちゃ怖く叱ることもあります。」 今六年の担任です。 中学を見据えた指導をこれからに楽器に行っていきたいです。 宿題、掃除、集合などなど。 2学期の構想に入れました! 先輩、ありがとうございました! ブログ「マツドーナ日記」http://edublog.jp/l2000129/ ブログ「何でも話そう会」http://www.geocities.jp/takahiro4681/
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。