マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

JUT横浜を経験した仲間から

参加した仲間からのMLが届いた。 「ズバリ言うと、JUT愛知に比べてかなり高いレベル。 JUT愛知で行った5人の授業内容では、最下位に近いでしょう。私の模擬(かさしらべ)も玉砕でした。そのくらい、関東のレベルは高く、自分の教材研究の甘さを痛感しました。」 これだけ読んだだけでショック。というより、悔しい。 だけれども、自分は自分のクラス経営、学級の子どもたちを前に、自信を持って前を向いていきたい。 目の前の子どもたちとともに成長していると思う。 JUTの刺激が大切なのだ。 もちろん、それだけではない。 そこへ向かうことで確実に実力は付く。実体験からそう思う。 ただ、「あ~駄目だった。」と嘆くのではなく、さらに上に、そのために、今をどう生きるか。 それが大切だろう。 先輩から学んだ。 いいものからまなぶ。いいと思うものを学ぶ。 そういう姿勢があれば、今に満足することなく、先を意識して進んでいけばいい。 初任のときに指導を受けた。 「学び続けようという熱い志を持ち続けなさい。」と。 そう、それだ。常に意識したい。 今、仲間たちが伸びている。それを実感している。 自分は伸びているのか自問自答。 思うように時間もとれない。時間がないと嘆きたい。しかし、時間は作るもの。そうはわかるが、未知の流れ。家族との触れ合いも大切だろう。今、自分はそういう意味で時間の使い方がぶれている。一番大切なものは何か。やはり、家族だろう。優先順位をつけ、上手に時間を使っていきたい。今、仲間に刺激は受けるが、自分は自分。一歩一歩進んでいこうと思う。 ありがとうございました。  学び情報 土作彰先生・赤坂真二先生によるセミナーを開催します。 13:00~ 愛知教育大学にて 詳しくはこちら http://www.geocities.jp/takahiro4681/newpage3.html ブログ「マツドーナ日記」http://edublog.jp/l2000129/ ブログ「何でも話そう会」http://www.geocities.jp/takahiro4681/
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。