マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大会直前の浮かれてしまうというミス退治 学年ドッジボール大会を控えて①

学年ドッジボール大会を控え、直前になってこのままではいけないと思ったことがあった。 浮かれてしまっているミスを退治したい。 今日、ドッジボールの学年練習会が開かれた。 初めて学年で負けなかった。つまり、このまま本番だったら優勝だった。 偶然勝てたならあまりうれしくはなかっただろう。 やってきたことが身になってきての勝利だったからうれしかったのである。 合い言葉を決めたのだ。 みんなが力を合わせることができるある言葉だ。 さらに、チームで勝ちに行くときの合図も決めた。 さらにさらに、盛り上げのコールも決めた。 これらはリーダーが中心となって決めたのである。 6年間ドッジボール大会に向けて努力はしてきたが、今年ほど、子どもたちから進んでいった年はない。 先を見て行動できるようになってきている。 しかし、4月からの積み重ねではないところが痛い。 でも、あきらめない。 勝利して帰ってきた子どもたちに、少し浮かれてしまっている子どもたちに、20分ほど語った。 残り数日。 ここからは追い込みも大事だろうが、一番は、まとまり。 クラスとしてのまとまり。 ボール回しの確認。 声かけの確認。 11月4日 どんな日だったか。ぼろ負け。けんか。 11月6日 どんな日だったか。合い言葉を決めて臨むも、空回り。ぼろ負け。 11月9日 今日。合い言葉がはまった。勝利。学年で負けなかった。一番だ。このまま行けば優勝だ。行ける。自信がついてきた。やれる。 一番大事な日? 違う。 いつが大切なの? 本番。 11月12日が一番? 違う。5年6年代表決定戦の日。 その日? 違う。市の大会の日。 市の大会はでれればいいの? 違う。優勝したい。 じゃあ、一番大事なのはいつ? つづく。 いよいよ今週末 11月14日(土) 本気の教師、愛知教育大学に来たる! 土作彰先生・赤坂真二先生によるセミナーを開催します。 13:00~ 愛知教育大学にて 詳しくはこちら ありがとうございます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。