マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

研究発表会

附属小学校にて研究発表があった。 今年は実践者ではない者の、発表者側での参加。 社会科において習得・活用・探究という段階に分け、探究段階を主としての発表だったはずだった。 ある地域の発表はただただ教科書の単元構成。 発表原稿には「単元構成の工夫」とうたわれていたものの、工夫は伝わってこなかった。 こちらの実践に対しては、実践時間はどのようにして?というように時間数にこだわった質問が多かった。最後には、お互いの探究に対しての考え方が違っているからかみ合わないとのこと。 はじめからかみ合わない研究? 毎週集まって、探究までの実践を話し合ったこちらの地域と他の地域の違いがよくわかった。 でも、自分にとってはいい経験。 こうやって、理論から考えることができた経験はこれから生きてくると思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。