マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

学習発表会の片づけの教師のミス退治

朝から片付け。 その前にパートごとに服も昨日のように着て写真を撮った。 その後、クラスで。 そして、学年全体で。 素晴らしい写真だった。 これは宝物だ。 その後の片づけ。 あっという間。 一番うれしかったのは、クラスの子たち数人が、自分で残って、隅から隅までほうきで掃いている姿。 これは毎日の掃除の時間に黙動し、見つけ玉を磨いている子たちだからこそできていたのではないだろうか。 だれも言っていない。自分で気づいて動いていた。 見返りを求めて、こちらの目を気にして行っている軽い行動ではない。立派だと思った。 こういう行為。 これにどれだけの子が気づいているか。 どれだけ素晴らしことか。 自分のことを終え、すぐさま戻る子もいる中、自分の気付いたことを黙々と行える子たち。 私が、少しふざけて話しかけると、「先生、ふざけないで。真剣にやってるんだから。」。 ごめんなさい。 反省。 子どもに教えられました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。