マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

感謝の会 手紙が無いというミス退治

子どものスタートは教師のゴール。 愛校作業はこれができなかった。 しかし、大放課に行った感謝の会ではそれができた。 しかし、ミス。 リハーサルのリハーサルまで行ったので流れは完璧に近かった。 しかし、手紙を渡す際、その手紙が無い。 昨日の全体でのリハーサル時、休みの子がわたすはずの手紙を自分が預かった。それを、そのまま職員室の机の上に。 なんと、子どもではなく、教師のミス。 直前まで子どもは探していた。 申し訳なかった。 自分のミス。 なぜ、実行委員に渡しておかなかったのだろう。 反省。 ただ、その先生が、仕事の都合で、参加できず、後で渡すことになったため、大変なミスにはならなかった。 よかった。 申し訳ありませんでした。 でも、ほっとした。 終わった。 子どもたちは、本当に生き生き。 子どもが立派なスタートとゴール。 うれしかった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。