マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大人のコミュニケーションのミス退治

いきなり怒られること。 これは余りなかったことである。 ことはこんな具合。 今日、貧血検査があった。 授業の途中で男子から順に保健室へ。 自分の授業は後半、ほとんどつぶれた。 そして、男子が帰り始めると同時に、授業が終わり、男子全員が帰ったころに、次の授業が始まった。 女子は、まだ帰ってこない。 揃って教室移動ということが義務付けられているので、男子だけでも揃ってと思い、まとまっていかせようとした。 すると、その次の授業の担当の方からどしかりを…。 教室に電話があり、「誰もいないんですけど。早く来てください。」「ばらばらでもいいです。」 う~む。 むずかしい。 生徒が叱られてしまった。 自分が悪いと思う。 子どもは板挟みだっただろう。 申し訳ない。 ただ、ただである。 ばらばらに行ったら前は叱られてしまったのである。 違う方にではあるが…。 自分も、生徒も「え?」状態であった。 自分もこのシステムの違いにてんやわんやなのであった。 今回は、時間を遅れたわけではなく、あえて、揃っていったのである。 女子はばらばらで行くことになった。 自分が前もって確認していなかった。 自分のミス。 中学は次の授業の方も必死で授業準備をしている。 だから、絶対に遅れてはいけない。 自分が次から注意しようと思う。 ごめんなさい。 後は、言い方である。 対応方法の学びがあった。 このミスを退治したい。

AUTHOR: う URL: http://yaplog.jp/kzn1983/ IP: 210.134.192.208 DATE: 05/08/2010 12:27:04 お疲れ様です。 対応の違い。ありますよね。 とにかく、謝ります。 相手の先生にも、子どもにも。 その上で、次に起きないようにするために、手立てを打つしかないですよね。 理不尽だ・・・ と思うことも多々ありますが、大人の対応をしたいですね☆ ミスを活かす。これが、何でも話そう会の特徴っす!がんばりましょう!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。