マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教師の〆の意識

さんかするMLで〆の話題が出ていた。 「〆」自体がわからなかった自分。 恥ずかしながら。 調べてみた。 〆(しめ)は文字のひとつであり、漢字(国字)であるそうだ。 主な使用方法としては、手紙などを封書で相手方に送る際、しっかりと封書の口を「閉め」たことを強調する時など。また「締め」、「絞め」、「占め」の意味で使用されることがある。 ウィキペディア なるほど。 今自分のクラスを見返してみる。 教室移動、どうか。 整然とはしている。 帰りはどうか。 整然としている。 教師のこういう視点を持ち続けることが大切だろう。 なぜそうするのか。 心の状態がわかる。 たった一つのことができないものがどうして大きなことができるだろうか。 心を育てていきたい。 見えないけれども行為に現れるもの。

AUTHOR: 中條 IP: 126.110.209.20 DATE: 05/20/2010 21:18:10 こんばんは。 お久しぶりです。 奈良の中條です。 先生、中学校に行かれたのですね。 福山憲市先生のMLで 読ませてもらいました。 このブログもそうです。 環境や雰囲気など 違うことだらけでしょうけど 教師の気持ち一つですよね。 応援しています。 私も先生に負けじと 頑張ります!!      奈良の戦友より

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。