マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教育実習生の授業を参観して

①書き順。これは自分も昔指導された。 ②発表をした生徒の意見に対して「はい。」といってすぐに、板書。 ③言葉の説明のみでわからない。 ④指示をした後には確認。 ⑤音読のさせ方にはバリエーションがたくさんあること。 ⑥読ませたら評価しよう。 ⑦この様子は担任のおかげだということ。 ⑧読ませているときには姿勢指導をする。 ⑨指名の仕方には糸があるのか。 などなど、気付いたことを話した。 今自分が戻るとしたらという考えを述べた。 ①追いかけている人はいるか? ②残り数年で、いい授業を見に行く。いい学校を見に行く。 ③哲学があっての指導?指導のみ?どんな生徒像をもっている? ④内容も大事だけれども、目標をもっているといい。 などなど、今の自分の気持ちを伝えた。

AUTHOR: Y.Mochizuki EMAIL: webmaster@mochizuki.net URL: http://mochizuki.la.coocan.jp/mochizuki_ict/ IP: 202.219.143.62 DATE: 06/10/2010 22:44:35 私がよく話をするのは、 ・まとめの話が、時間内にできていたか。 ・視線が教室の対角線上にあったか。 などですね。 よく授業をされている先生の対角線から その動き・視線を見ています。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Y.Mochizuki 先生
コメントまたありがとうございました。
返信遅れて申し訳ありません。
昨日も研究授業がありました。
対角線の端まで視線をとどかせているか、見ました。
視線とどいてないですね。
それアドバイスするつもりです。
一番遠い生徒に目線を。
自分も意識していきます。
ありがとうございました。
マツドーナ

マツドーナ | URL | 2010-06-12(Sat)10:54 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。