マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

100日連続日記

ある先輩の実践を参考に、今年度から本格的に、100日連続日記、気合いを入れて実践している。 7月15日に、全員(33人)が達成した。 次は200日と言うことで、夏休みも毎日書く。 先輩が述べられたように、360日を目指す子もいる。 こちらも読んでておもしろい。 内容の充実を2学期ははかっていきたい。 ただ、これまでは、毎日必ず朱書きを入れ返していたのに、最終日の終業式、初めて、書けず。時間に終われ、残念ながら自分の朱書きの記録ストップ。くやしい。 夏休みのものに関しての朱書きはどうするか。 また、教えてください。 中身をあまり指導していないので、薄い。 ある子は3行。 そんな子もやはりいる。 ただ、「継続」を意識して続けただけ。 先輩の実践のように、中身をまともなものにできていない。 ですからまだまだだ。 日記自体初めての子が多かったので、とにかく、毎日朱書きして、書く意欲を持たせた。 文章の内容に2学期以降入りたいと考えている。 今は、「僕は」「今日は」などを使わない。「。」一個が●●円、といった、ひげウサギ先生の文章教室を参考にしている。 とにかく、先輩のご著書に書かれているように、持続できるか、忍耐強く必死でがんばるか、連休中でも…。を意識して取り組んだ。 もちろん、こちらも大変。読んでいて楽しいし、その話題から話ができる。 「ぜひ、この実践の一連の方法をまとめておいてもらえませんか。 もし先生がよかったら、ヒートアップ講座で、ご紹介いただける とありがたいです。」 といううれしいお言葉をいただき、即答するつもりが、今日になってしまった。 決してオリジナルではないので、恐縮である。 先輩の御著書の通りなのだ。 ただ、どうやって朱書きを入れたかについては、自分なりに工夫はした。 2学期以降、内容追究をし、200日行ったときに、また報告したい。自信になる。 マツドーナ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。