マツドーナ日記

教師修業真っ最中の若者(?)です。雑学を現在増やそうと読書にはげんでいます。教育書だけでなく、様々なジャンルの書籍も読み、さらにレベルアップを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

子どものせいにしない

研究授業前、かつての職場に、拡大機械を借りに行った。 そこで、以前の主任から一言。 「まっちゃん、子ども好き?」 「はい!大好きです!楽しいです!」 「よかった!それならいい!大丈夫!」 この大先輩から自分が根本的に変わる一言をもらったのだ。 「子どものせいにしない。それさえ間約束してくれたら私はあなたたちを守れる。」 そうおっしゃってからの二年、どんなにつらいときでも守ってくれた。 助けてくれた。 その経験があるから、今、どんなことがあっても、すべては自分。 いや、もちろん違うときもあるだろうが、自分だと「思ってみる」。 こう考えると冷静になる。 そうなのだ。 家庭での出来事、家庭の都合、親との関係、さまざまな条件が重なって今の状態があるのだ。 それを見えることだけで判断して、全体の前で叱ってしまったり、考えもしなかったりしてはいけないだろう。 何か原因があるんだ。 それに目を向けること。 そして、声かけをすること。肥えかけをすること。 そう、それが自分たち教師の役割でもあると思う。 自分にしかできないことはある。 子どものせいにせず、その子どもの将来を考え、飯を食えて、人に迷惑をかけないで生活できるようにすること。 それを心にもっていたい。 このことば、肝に銘じたい。 T先生、感謝です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。